岩手の小正月行事を体験!みずき団子で五穀豊穣

みずき団子とは、岩手県の小正月行事。 ミズキの枝に色とりどりの団子を1月14日~16日に飾り、五穀豊穣を祈る行事です。 どんど焼きにも似ていますが、その日には食べずに数日間飾ることが特徴です。 ミズキの枝を用いるのは、「みずき」⇒「水木」になり、火事にならないように、田畑の水が枯れないようにという意味が込められています。 監修/菅原舞 レクリエーション介護士1級

介護レクニュース ID

新規登録すると
「お気に入り記事登録」「閲覧履歴」などの
便利な機能が無料で利用できます。

© BCC株式会社 スマイル・プラス事業部. All Rights Reserved.