【特集】高齢者との日常会話を広げる4つのヒント<第2回>

今回は「日常会話を広げるヒント」をテーマに特集していますが、この日常会話は「アイスブレイク(※)」の基本ともいえます。 「会話を使ったアイスブレイク」で、利用者さんの興味・関心を引き出し、距離を縮めていきませんか? ※アイスブレイク…張り詰めた空気(アイスな状態)を溶きほぐす(ブレイクする)技術。高齢者に安心感を抱いてもらうと共に、自身の緊張もほぐすことによって、お互いの距離を縮めることができます。

介護レクニュース ID

新規登録すると
「お気に入り記事登録」「閲覧履歴」などの
便利な機能が無料で利用できます。

© BCC株式会社 スマイル・プラスカンパニー. All Rights Reserved.